ドライフルーツ:林檎

リンゴのドライフルーツ

ドライフルーツの林檎には、生の林檎が苦手な人でも食べられる半生タイプのものがあります。果物のリンゴはシャリシャリとした歯ごたえが魅力でもあるのですが、林檎が苦手とする人にとっては、その食感がどうしても馴染めない理由。

 

その点、ドライフルーツの林檎にある半生タイプであれば、指先で押した感じが柔らかく、敬遠されるシャリシャリ感がないのです。生のリンゴは苦手だけど、ドライフルーツの林檎は好き。そんな人も少なくありません。

 

 

このように、食感のみがネックとなり、林檎の味そのものは好きという人が、果物のリンゴを砂糖やはちみつと一緒に煮るなどして、りんごを楽しんでいますが、カロリーのことを考えると、やはりドライフルーツのリンゴを選んだ方がヘルシーといえるでしょう。

 

 

もちろん、生のリンゴが大好きな人にとっても、ドライフルーツのリンゴは人気。カットして時間がたつと変色しやすい果物ですが、ドライフルーツのリンゴならば、そういった心配がなく、また皮などをむく手間も不必要となることから、外出のお伴にドライフルーツのリンゴを持って行ったり、お弁当のデザートとしてドライフルーツの林檎を使うこともあります。

りんごA

ドライフルーツのりんごには、食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富です。また、ひと昔前に「りんごダイエット」たるものが話題を呼んだように、ドライフルーツのりんごには、脂肪の蓄積を制御してくれるポリフェノールが含まれていることでも有名です。

 

 

ダイエットとしてドライフルーツのりんごを選ぶもよいですし、消化不良などにも対応するため、健康管理という意味でも、ドライフルーツのりんごが選ばれています。ほか脳卒中の予防にも働きかけてくれます。

 

 

また、ドライフルーツのりんごについては、自宅でも「干しりんご」として作ることが可能です。よく水洗いをして水分をしっかりと取り、芯を取り除いて幅5mmほどにカット。変色防止のため、1%の食塩水に15分ほどつけザルやスダレで干せば、自家製ドライフルーツのりんごが完成。

 

 

なお、りんごに含まれるポリフェノールにダイエット効果が期待できるとありますが、りんごの皮には、このポリフェノールが4倍も含まれています。手作りのドライフルーツ りんごでは、安全性が確かであれば、好みで皮を剥かない作り方も選ぶことができるというわけです。

 

 

なお、ドライフルーツのりんごにも、チップスタイプやソフトタイプと、やはり異なるタイプがあります。果実のままでいただく食感との大きな差が楽しめるのも、ドライフルーツ りんごの魅力です。

ブックマークに追加。

最新記事

リンク集

inserted by FC2 system